中学受験ってこんなに難しいの…

中学受験を前にして悩んでいる息子のことが心配になり、手を出さないと決めていたのに何かできることはないかと考えていました。息子が中学受験をしたいと言い出したのは小4のことです。勉強が好きだし、周りの友達も中学受験するからというのがその理由です。小さいころから本の虫で、勉強もずっとしているような子だったので驚きませんでした。ですが、中学受験を前にして成績が伸び悩んでいるのです。本人としてはこの時期ではもっと上位にいるつもりだったのですが、そこまで伸びていないのが現状です。親である私には何もできないとは知っています。でも、何かできるかもしれないと息子の問題集を見ました。正直な感想はこんなに難しかったっけという気持ちです。小学生が解く問題だからと、甘く見ていました。受験の傾向と対策が、大きく変わってしまったのだなと改めて感じます。心配なことは心配なのですが、勉強に関して何もできることはないというのが感想です。ですから、それ以外の部分では全力でサポートしてあげようと思います。食事などでストレスにならないように配慮して料理を出すことを心がけるつもりです。勉強のことはその道のプロに任せて、私できることを受験に向けて一緒に頑張っていきます。

中学受験まであと半年

息子が中学受験をしたと言い出したのは小学校5年生の時でした。勉強が好きな子だったので驚きはしませんでしたが、私には中学受験がどのような物かはわかりません。ですので、中学受験の専門コースがある塾を息子に勧めました。二つ返事で入った塾では楽しそうに勉強していました。中学受験まで半年と迫った夏期講習で思いもかけないことが起きたのです。息子が受験を止めると突然言い出しました。もともと息子が言い出した中学受験なので、不可解だけど息子がいいのならと思うようにしました。ただ、辞める理由が知りたいと思い、塾で話を聞いみることにしたのです。そこで知ったのが息子が伸び悩んでいるということでした。先生からはまだまだ伸びる余地があると言われたので、息子と向き合うことにしました。受験をやめたいのならそれでいいけど、精一杯やったの?と聞きました。息子は黙ったままです。自分でやるだけやったと納得できるなら好きにしなさい、だけど人生では同じような壁がまだまだでてくるよ、と言いました。その言葉の意味を理解するまでに一日近かったようですが、吹っ切れたかのように夏期講習に今まで以上に取り組むようになりました。受験まではまだありますが、息子は壁を一つ乗り越えたようです。

中学受験は親子の一大イベント

小学5年生の息子が中学受験をしたいと、言ってきたのは半年前、4年生の後半に差し掛かろうとした時期でした。
元々、勉強は嫌いではなく気になったことや分からないことは、先生によく聞きにいったりしてると言っていましたので、最初は驚きましたが本人の希望を応援したいと思いました。
ただ、中学受験の対策は4年生からと聞いていたので、ここはプロの先生にお願いするのが一番と思い、いくつかの塾等に話を聞かせてもらいました。すでに出遅れている息子の勉強体制に合わせてくれる少人数、個別に特化していた塾にお願いしています。
最初は順調に勉強進んでいて、目標の学校も決まったというところで安心してしまったのか、成績が伸びなくなってしまったのです。
勉強法は専門の先生にお願いするしかないので、家庭でサポート出来ることを考えてみるのですが、私も切羽詰まってしまい分からなくなってしまったのです。
中学受験は子供だけではなく親もこんなに追い込まれるものかと痛感しました。
情けないことですが、親として出来ることは何かと塾の先生に相談に乗ってもらい、アドバイスをもらいました。こういったことはよくあることなので、気にしないでまた相談して欲しいと言われほっとしたと同時に息子の中学受験を一緒に頑張ろうと決意した瞬間です。
電話でも相談を受けてくれるのがありがたいです。

中学受験対策は早さが命

中学受験を控えた息子は真面目な性格で、宿題やテスト勉強をおろそかにしたことはありません。これまで塾に通うことなく家で勉強してきました。私自身も息子に勉強を教え、親子二人三脚で数々の試験を乗り越えてきました。しかし最近勉強時間を十分に確保しているにもかかわらず、テストの成績が伸びません。しかも苦手科目に至ってはテストの度に点数が落ちていきます。加えて日に日に勉強の難易度が上がっていき、私自身満足に教える自身が持てません。息子自身も焦りを感じやみくもに勉強に取り組んでいた所、相談した友人から塾を勧められました。体験入学に行ったところテストに出るポイントを的確に教えてくれるため、効率的に勉強できると感じたようです。さらに休憩時間に塾生とコミュニケーションをとることで、中学受験や成績に悩んでいるのは自分だけでないと知り一気に気持ちが軽くなったと明るい顔をして帰宅しました。その後直ぐに塾に通うことを決め、楽しく勉強している姿を見て塾に通って良かったと感じています。塾では効率的に的を絞って勉強を教えてくれるため、最短距離で中学受験に挑めます。一方独自で勉強する場合は限られた過去問題集に頼りがちで、圧倒的なデーターを誇る塾には到底かないません。早くに塾に通い、中学受験の対策をとることが子供の人生を明るいものにするのだと実感しました。

母と息子と中学受験と

息子は学校でも家でも勉強をあまりしなかったために、中学受験を通して勉強の大切さを知ってほしいと思ったのがきっかけでした。
初めは息子は受験の話しには耳を傾けずにいましたが、このまま諦めては行けないと思って、根気よく受験の話しを続けると徐々に興味を示して中学受験に挑戦すると息子から決意を伝えてくれました。
その後は息子の中学受験の為に書店に頻繁に足を運んで役に立ちそうな参考書を探して周り、インターネットでもどの様な勉強法が良いのかを検索して息子に伝えました。
最終的に行き着いたのが塾に通わせることでした。
しかし夜遅くまで塾に通わせるのは心配ということもあり、インターネットを使ったオンラインの塾に通わせました。
それでも勉強時間は増加するため息子に身体的な負担が掛からないようにと、料理は野菜を多めにして出来る限り栄養のあるものを作りました。
その他にも息子がしっかりと内容を理解できているか、自分でも参考書などで勉強して教えることもありました。
最終的に息子は中学受験に合格して、無事に志望校へ通うことが出来ましたし、勉強嫌いも克服出来ました。
これらの事を経験してやはり中学受験は母も積極的に協力して、二人三脚で頑張ることが大事だと改めて分かりました。