6年生から塾通いを考えている人へ

中学受験を考えたとき、しかも6年生になってから!まず何から始めたらいいのでしょう。
早い家庭は小学校に入学した時から準備をしているかもしれません。4年生からがちょうどいいんじゃないかと考える方もいるかもしれません。そんな話を聞くとちょっと焦ってしまいますが、うちはうち、そこは落ち着いて気持ちを切り替えました。
まず考えるのは、塾ですね。塾と一言で言っても、集団での授業をする塾もあれば、少数もあります。一対一のクラスを展開している塾もあるんです。コースも、調べてみると様々です。
中学受験に力を入れている塾を選ぶのはもちろん、息子のやる気を引き出してくれる塾の雰囲気、相性のいい先生に出会うのが大事です。せっかく選択肢があるのだからと、親子で足を運びました。体験授業を受け、先生ともお話させてもらいました。ひと月立った時、ようやく息子の気に入った塾に出会い、親子で納得して入塾を決めました。
日頃の親のできることと言ったら、食事をさせて塾の送迎ぐらい。伸び悩んでいる息子の成績も、先生のお力に頼ってしばらく見守ることに。当の息子は、自分で選んだ塾を信じ、出された課題をこなし、いつになく頑張りを見せてくれています。
6年生からの入塾、まだ始まったばかりですが、遅いなんて思っていません。息子はやって行けそうです。悩んでいた時期が嘘のように、これからが楽しみになりました。
塾と先生のいい出会いがありますように!